Reading Time:約17分

さだピヨさだピヨ

Hello〜さだピヨです!当ブログの管理人であり、スマシア株式会社のEC事業部長兼メディアディレクターです。

なんとまあ私なんぞに興味を持って頂いて、ありがとうございます。えっ、たまたま間違えてクリックしちゃった!?ええ、それでもいいですよ、せめてつまらないと思うまで読んでいってくださいな。

まず、なぜこのブログを立ち上げたのかというと、もっと身近にDIYの楽しさを感じて欲しいと思ったからです。そして、もっと自分らしくわがままに、それでいて気楽に手軽に暮らしを彩って欲しいと思ったからです。

とりあえず、私の最近の過去をプロフィール代わりに綴っておきます。このサイトの記事をどんな人が書いているのか分からないのも嫌だと思いますので。

さだピヨの過去

以前ワーキングホリデーを活用し、カナダのトロントという街にちょうど1年間滞在していました。学校にも通わずに遊び呆けていました…と言うと、何しに海外に行ったんだ!とお叱りを受けることもあります。ただ、私はこう思うのです。

「遊びの中にこそ人生を楽しく彩るヒントがたくさん隠されていると( ̄^ ̄)」

私は、ワーキングホリデーに行く理由すら、世間一般的に言われる英語を習得するためなどの「大義名分」なんて全くなかったです。なんとなくずっと行きたかったから、行っただけ。

あっ、でもこんな風に想像はしてました。日本にはない、海外の異文化を肌で感じられたらいいな、そして面白い人にたくさん出会えたらいいな。

カナダに行く前に想像していたことが、いつしか私がワーキングホリデーで海外にいる理由となっていました。

本当にたくさんの面白い人たちに出会えたし、貴重な経験をさせて頂きました。そして、そこから強く感じたことが3つあります。

「出来ないとさえ思わなければ、出来ることはたくさんある」ということ。

「いつかやってみたいことを全てやろうと思ったら、今この瞬間からやらないと間に合わないじゃん」ということ。

「人生をもっとわがままに、今よりもっと自分らしく生きよう」ということ。

私がなぜこの3つのことを強く感じることになったのか、その理由をお話したいと思います。

出来ないとさえ思わなければ、出来ることはたくさんある

もともと英語が話せたわけでもないし、日本語だって危うい…行く前に友人からよくこう聞かれました。

「英語話せないのに、海外なんて行って大丈夫?」

いや、話せないから行くんじゃないの?私はそう思いましたが、それでも不安が全くなかったわけではありません。もしかしたら、1年も経たずに(カナダのワーキングホリデービザは1年間滞在出来ます)日本に帰って来てしまうかもしれない。

言葉や文化の壁、お金や仕事の不安、体の健康や両親のこと、いろんなことがよぎっていました。

でも実際行ってみたら、意外とどうにかなるもんです。

言葉や文化が違っても、だからこそ魅力的で面白いと思ってもらえることも多いし、お金や仕事も自分を必要としてくれる人が必ずいるし、体の健康や両親のこともいざとなったら帰る選択肢だってある。やりたいと思ったら、やってみることが大事。

カナダにワーキングホリデーに行くと決めてビザを申請する前、私は英語が喋れないからワーキンギホリデーは出来ないと決めつけてしまっては、カナダで出会った素敵な人達に会うこともなかったし、貴重な長期海外生活をすることもなかった。

海外に行ったことのない人や外国人と触れ合ったことのない人は、海外で生活するなんて自分には出来ない、と思う人もいると思います。

なぜこんな話をするのかというと、DIYも同じだと思うからです。DIYに限らずですが、今までやったことがないことというのは、イメージが湧かないので難しく感じるものです。でも、やってみると意外と簡単に出来ちゃった!なんてことも多いのではないでしょうか?

カナダでは、子供から年配の方までみんなが、私生活の中で気軽にDIYを楽しんでいます。日本でも、今以上にもっともっと気軽にDIYをする人が増えればいいなと思っています。

まだやったことがない人は、ぜひはじめて欲しいと思います。やってみたらすごく楽しくて、ハマっちゃうかもしれません 笑

「出来ないとさえ思わなければ、出来ることはたくさんある」

この言葉をこのブログに遊びに来てくれた全ての方に贈ります。

いつかやってみたいことを全てやろうと思ったら、今この瞬間からやらないと間に合わないじゃん

カナダのワーキングホリデー中に、私は4つの夢を叶えました。

まさかこの1年で、そんなに夢が叶うなんて思ってもみなかったし、第一叶わせようとも思っていませんでした。

きっかけは全て、人との出会いでした…。

夢の1つ目は、カナダのイエローナイフという場所にオーロラを見に行ったことです。

カナダに来て初めて出来た友達が、世界を旅するやんちゃな日本人の男の子でした。彼はトロントを出て、イエローナイフに行くと言いました。せっかく仲良くなったのに寂しいな。じゃあ、夏頃、会いに行くね!

夏に友達とイエローナイフに行く計画を立てて、実際行くことになったのですがそのやんちゃな彼はもう既にイエローナイフをあとにしていました。一つの場所に停まれない飽き性な人なんですねきっと 笑 でも、そのおかげで私は、人生で一度は見てみたいなと思っていたオーロラをみることが出来ました。ありがとう。

夢の2つ目は、クリスマスの夜に、ニューヨークの夜景を一望したことです。

トロントという場所は、ニューヨークまで車でも10時間あれば行ける場所にあります。トロントにいるうちに絶対行きたいなとは思っていました。なぜなら、私と同じ世代の人はご存知かもしれないですが、「ニューヨークの恋人」というメグライアン主演の映画に憧れていたからです( ´∀`)

クリスマスの夜に、恋人とニューヨークのど真ん中でアイススケートをして、マンハッタンの夜景を眺めたい!若い日の私はそんなことを漠然と思っていました。いつの間にか忘れそうになっていた夢を、周りの友達が次々にニューヨークに遊びに行っているのを聞いているうちに思い出しました。

そしてちょうど、仲の良い毒舌な友人がクリスマスから年越しにかけてニューヨークに遊びに行くというので、チャンスとばかりについて行きました。

あいにく、恋人とではなく毒舌な友人と、アイススケートも「こんな寒いのに」とか「混んでる」という理由で友人達は一緒にしてくれない、、、泣

しかし、クリスマスの夜にマンハッタンの夜景を眺めたいという夢は、叶ったのです 泣

しかも、世界最大規模と言われるニューイヤーイベントまで参加しました!大人のおもつを履いて( ̄^ ̄)←この理由は下品な話なのでここでは言いません。どうしても知りたい方は、私の海外旅行のブログに書いてあるかもしれません。

夢の3つ目は、真冬にエメラルドグリーンの海に入ったことです。

カナダには、バケーション休暇という、日本でいうところの有給休暇みたいな制度があるのです。この制度を利用してみんな様々な場所に、ここぞとばかりに旅行に行くのですが、その旅行先に「海のある場所」が人気ランキングの上位を占めています。

まあカナダの冬は体感温度マイナス40度ほどにもなりますからね。暖かい場所に行きたくなるのは分かります。カナダには海もないし。

ということで、私はバケーション休暇ではなく(もう仕事は辞めていたので)普通の旅行としてですが、エメラルドグリーンの海を拝めるキューバに行くことにしました。ここに行きたいと思ったのも、友人からたくさん話を聞いていたからですね。まるで天国のようなイメージを持っていましたよ単純な私は。

実際、海が綺麗すぎて鼻血出そうになりました。たまには芸能人みたいに、真冬に綺麗な海に入りたいなと思っていたので感激しました。

夢の最後は、天空都市マチュピチュとウユニ塩湖の鏡ばりを見れたことです。

いつの日か僕も結婚するのだろうなと思い、新婚旅行はこんなところがいいなと思い浮かべてた2つの地域。それがマチュピチュとウユニ塩湖です。

そんな妄想を膨らませているうちに、いつしか私も34歳独身貴族(このプロフィールを書いている時が、2017年7月現在)という肩書きを持っています。

しかしなんと、妄想を膨らませていた私にチャンスが訪れました。

えっともしかして結婚!?って思ったでしょ!?そうでしょ?いや、新婚旅行ではなく、友人達と行くことになりました。カナダのワーキングホリデーの最後の想い出として。

そりゃ〜もう感動しましたよ。このまま結婚しなくてもいいと思ったくらい…それは言い過ぎました。

私はとてもわがままなので、4つの夢を叶えた後、もっともっと夢が増えました。いつかじゃなくても出来るんだって思えたからです。そして、私の友人はふとこんなことを言いました。

「やりたいことを全てやろうと考えてみたら、今からやらなきゃ間に合わないじゃん 笑」

そーか、確かに!どんどん出てくるやりたいこと。だからいつかじゃなく今からやろうと。そしてこの言葉は私の心に残ったのでした。

このブログに足を運んで下さった皆様にも「DIYで家を作ってやろう」とか「大切な人に手作りのインテリアをプレゼントしたい」とかたくさんの夢ややりたいことがあると思います。夢には大きいも小さいもありません。もしかしたらこれから夢が出来る人もいるかもしれませんね。

やりたいと思ったことは、全てやっちゃいましょ♪私が人との出会いで夢が叶ったように、あなたも私のブログに出会ってくれました。あなたの夢を応援します。

いつか「このブログに出会って、夢が実現出来ました」と言われちゃったりする為に、頑張っていきたいと思います。

上記に挙げた4つの夢は、カナダに行く前なんてぜ〜んぜんやろうとも思ってなかったことです。想像すらしていませんでした。カナダに来てから出来た夢もあります。何しろ、カナダに行く1週間前まで、カナダが世界地図の何処にあるかすら分からなかったほどの人ですから( ̄^ ̄)

それでもこうやって、あの日思い描いたような夢が叶えられたのは、紛れもなく素敵な人との出会いがあったからだと思います。私自身も出会った人たちにそう思って頂けるように頑張っていきたいと思います。

人生をもっとわがままに、今よりもっと自分らしく生きよう

私が好きな言葉、それは自由です。と昔から言っていたのにも関わらず、社会の荒波に揉まれ、「こうしなきゃいけないんじゃないか」とか「自分らしさってなんだろう」とか思っちゃったり悩んじゃったりもしていました。

でもカナダの他民族の人達と交流していくうちに、なんて自分の悩みや思想はちっぽけなんだと感じました。

その中でも印象的なのは、友達が恋心を寄せていたイケメンミュージシャンの生き方です。

そのイケメンミュージシャンは、トロントに住んでいました。そのミュージシャンは、日本のテレビにも出演したことのある人です。

彼は、湖が好きなそうです。と聞いた数ヶ月後、アルゴンキンパークという深い森の中に生活拠点を移していました。

アルゴンキンパークの面積は7,653㎢です。なんて壮大な森なのだろう。ここは観光地でもあるので移動用の道路や観光用の道などは多少あります。ですが、場所によっては人ではなく獣や鳥ばかりいます。もちろんコンビニなんかありませんし、民家なんか全く見当たりません。

どうやって生活しているかは分からないですが、おそらくテントとかでキャンプ生活です。そして、毎晩カヌーで湖に出て月や星の出ている夜空を眺めているようです。(彼のFacebookより)

なんて壮大な自由なんだろう…私の言っている理想や口先だけの自由とは違う。彼が心おおらかな凛とした恐竜だとしたら、私は井の中のうるさい蛙。

若干凹みましたが、私は彼から本当の自由と自分らしさを学んだ気がします。

いずれ彼のようにサバイバルな生き方をお考えの方はDIYの技術が必要不可欠です。いや、無理にDIYに結びつけすぎました、ごめんなさい。

でも、DIYももっと自由でいいと思うんです。変な定義や理屈にとらわれず、好きなものを好きなように作ってみればいいと私は思います。そこでうまくいかなかったり、想像と違うなって思ったら、自分の想像に近い人の知識を盗めばいいんです。

いつの間にか高くなったDIYの技術で、もっとあなたが自分らしくわがままにDIYを楽しんでくれていることを願っています。このブログの他にも、もっと自由にわがままにDIYを楽しもうということをコンセプトにしたサイトがありますので、ご案内しておきますね♪(´ε` )

さだピヨ関連メディア

当ブログ、壁紙&ペイントDIYラボの公式メディア以外のさだピヨ個人で運営に携わっているメディアをご紹介します。少しでも興味を持った方は、お気軽にフォローしてくださいね。

フォローして下さった方は、DIYに関すること、私個人のこと、私が働いている「スマシア」のこと、「さだピヨの過去」でお伝えした下品なヒストリーなどをお楽しみいただけます。

Instagram Instagram(smacia.sada)

smaciaさだInstagram

【作成年月日】2016年12月
【カテゴリ】DIY,ペイント,壁紙,オシャレ,リノベーション
【特徴】画像,動画、カタログ形式

DIYに関するオシャレかなーと思う写真や動画をカタログ形式でアップしています。

 

スマシアさだのTwitter Twitter(スマシア特攻隊長アーリア系さだ人)

さだのTwitter

【運営開始年月日】2016年12月
【カテゴリ】DIY,ペイント,壁紙,オシャレ,リノベーション
【特徴】ツイート,サイトリンク,記事リンク

DIYやリノベーションに関するサイトやブログ記事やふと思いついたアイデアなどをツイートしています。

 

スマシアさだのyoutube Youtube(動画クリエイティ部smacia)

スマシアのyoutube

【運営開始年月日】2017年3月
【カテゴリ】DIY,壁紙,オシャレ,セルフリノベーション
【特徴】動画,チュートリアル

DIYやセルフリノベーションのチュートリアル動画を配信しています。

 

 Blog(スノーボードと海外旅行のマリアージュ)

さだのブログ

【運営開始年月日】2014年12月
【カテゴリ】スノーボード,海外旅行,ワーキングホリデー
【特徴】個人ブログ,記事コンテンツ,インタビュー

ワーホリや海外旅行の様子や趣味のスノボのことを自分でも楽しみながらみんなとシェアしています。

 

リノベらしサイト おすすめsite(リノベらし)

【運営開始年月日】2017年9月中予定
【カテゴリ】リノベーション,DIY,デザイン
【特徴】情報サイト,ジョイントサイト,企業運営サイト

私らしくわがままな暮らしをということをコンセプトにしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

↓LINEで送ったり、あとでまた読むこともできます↓